群馬桐生 自然体験×●●●●=で豊かな心を育む活動を実践する かとQのBlog

群馬県桐生市を拠点に活動している民間の自然学校(チャウス自然体験学校・NPO法人チャウス)の代表をしています。自然体験活動を軸にしたエコツアー、子育て支援、持続可能な地域づくり(ESD)、防災教育などの発展的な活動を展開しています。そんな日々雑感を中心に綴っています。

落胆しかない・・・

政府の「全国の学校設置者への臨時休校」要請に伴う、ちょっと早めの春休みが始まって、約1週間。

 

f:id:chaus-katoq:20200305011208p:plain

ようやく、生活のリズムを取り戻しつつある。

 

世間の大混乱も徐々にではあるが、落ち着き始めて来ているが、依然として「マスクや消毒液」などの防疫品は、手に入らない状況は変わらない。

 

 

そんな状況だからこそ

f:id:chaus-katoq:20200302174452p:plain

『手洗い、うがいの徹底』や『免疫力を強く』するコトくらいしかない防疫方法がない・・・

 

 

まだまだ未解明な『未知のウィルス感染症』なのだから、大胆な対策をとるコトは賛成なのだが・・・  

f:id:chaus-katoq:20200305012210p:plain

1月末の時点で、甘く見ずにしっかり対応していれば良かったんじゃないか?

と・・・ツクヅク感じてしまう。

  f:id:chaus-katoq:20200305014345p:plain

危機管理にとことん疎いのだな・・・

原因は?・・・政治家?政府?構造? 

 

やっぱり公助には期待しないほうが良さそうだ。

改めて『自助』『共助』を強くして行かなければならないと思う。

 

  

 今は一刻も早く、収束することを切に願います。

 

 

 

 

 

ャウス自然体験学校(NPO法人チャウス)は「SDGs(持続可能な開発目標)」達成に向けた、人材育成を行っています。

f:id:chaus-katoq:20190123095454p:plain f:id:chaus-katoq:20190123095529p:plain f:id:chaus-katoq:20190111234648p:plain

《子ども自然体験、親子キャンプ、CAMP指導者養成、防災教育、SDGs/ESD》 

 

 

WEBサイト

チャウス自然体験学校 – 19年の子どもキャンプの実績と4万人以上の参加者

~活動レポート~日々更新中!

chaus.hateblo.jp

大混乱をひとまず、落ち着かせる・・・

先週末、突如発表された「全国の学校設置者への臨時休校」要請。

f:id:chaus-katoq:20200123231043p:plain

ただでさえ「新型コロナウィルス」の対応で『イベントの延期・中止・検討』『今後の見通しの為の情報収集・分析』をしていて、手いっぱいなのに・・・

 

毎年、この時期は春休みの受付や新年度の準備などを始めているのですが、全て後回し。その上に「臨時休校 要請」と、来たもんだから、もう、テンテコマイ。

 

 

「まあ、これだけ感染者が増えつつあるのだから・・・しょうがないか・・・」

「子どもの学校は?保育園は?どうなるんだ?」

「子どもがいる状態で仕事はどうする?」 

f:id:chaus-katoq:20200305011208p:plain

などなど夫婦で困惑・・・

 

その後の政府の方針にも、学校の対応も二転三転。。。

それにも振り回されるから、末端となる我々も更に「身動きが取れない状況」になる。

 

 

で、話し合った結果・・・

状況がさらに悪化・混乱すれば、社会の平穏も害されてくるので、物資が底をついても、しっかりと日常生活を遅れるように・・・『家族の健康と安全が第一』として

f:id:chaus-katoq:20200305023825p:plain

それぞれが「しっかりやること(手洗い・うがい・免疫力をあげる為の食事・しっかり睡眠)」を確認、お互いにチェックすること決めました。

 

しだいに・・・

  • 学校の臨時休業日の正式決定
  • 4月からの新学期に向けての準備

と、徐々に周りの状況が決まって行く・・・

あわせて

  • 仕事の対応
  • こういった状況下で「困っている人の力になれれば」・・・と、既存の事業からの拡充、実施に向けて調整

などなど対応して・・・

 

ひとまず今日はその1日目を無事に終えることが出来て

f:id:chaus-katoq:20200305024659p:plain

『ほっ』と一息。

 

 

何はともあれ『先ずは何処を軸に落ち着かせるか?(決めて行くか?)』で、その後の動きやすさが、変わりますね。

明日からは後回しにした

 

日常業務を挽回しなくては・・・

f:id:chaus-katoq:20180920230221p:plain

まだまだ、状況が大きく変化することもありそうで、不安も大きいですが・・・

 今は一刻も早く、収束することを切に願いつつ仕事を進めて行くしかありません。

 

 

 

 

 

ャウス自然体験学校(NPO法人チャウス)は「SDGs(持続可能な開発目標)」達成に向けた、人材育成を行っています。

f:id:chaus-katoq:20190123095454p:plain f:id:chaus-katoq:20190123095529p:plain f:id:chaus-katoq:20190111234648p:plain

《子ども自然体験、親子キャンプ、CAMP指導者養成、防災教育、SDGs/ESD》 

 

 

WEBサイト

チャウス自然体験学校 – 19年の子どもキャンプの実績と4万人以上の参加者

~活動レポート~日々更新中!

chaus.hateblo.jp

万引き家族ならぬ『防災家族』

2019年12月。地元、群馬県桐生市の広報誌の表紙を飾らせて頂きました。

f:id:chaus-katoq:20200123125018j:plain

様々な防災の取り組みをする中で、先般の台風19号の際に一家で避難を経験。

たまたま、12月号は防災をテーマにする号だったらしく、ご依頼を頂きました。

 

避難時の我が家の「非常時持ち出し品」も掲載して頂きました

f:id:chaus-katoq:20200123125435j:plain

着替え、寝袋、キャンプマット、レインウエア、水筒、携行食(アメ、お菓子も含む)、水、鍋、カセットコンロ、ガス缶、マスク、耳栓、救急セット、ガムテープ、トランプ、毛布(子どもが赤ちゃんの頃から寝る時に使っている匂い付き)etc
※実際に台風19号の時に避難したときのモノをすべて持参

 

 

掲載後は様々なところから反響を頂き、有り難い限り。
 
これまで生まれ育った街で、何一つ役に立ったことは出来なく、40歳を前にして地元への貢献(還元)を意識して5年。時間はかかったけど、少しでも貢献が出来ていれば幸いです。

 

 

これをきっかけに新たな課題(やりたいこと)も見えてきて、また一年(2020年)やって行きたいですね。

 

 

《現在の防災関連の取り組み》

  • 72時間サバイバル教育協会トレーナー・ディレクター・・・協会へはまだ、あまりお役に立ててないですが・・・
  • 防災クラブ・・・出身小学校のクラブ活動を企画・運営:一保護者として
  • 防災カフェ・・・市内の「防災」をキーワードにする中間世代の人達で情報交換や勉強会を開催中
  • 防災士(ぐんま県地域防災アドバイザー)・・・2年前に取得して、色々拡がった。市内の若い世代にもっと取得して欲しいな。
  • 災害支援ボランティアセンター・・・ちょっと、今は手を離れている状態。上の世代とのやりとりはとても大変。でも、運用する機会が出てきた場合には即座に動けるようにしておかなければ。

 

 

 

 

 

ャウス自然体験学校(NPO法人チャウス)は「SDGs(持続可能な開発目標)」達成に向けた、人材育成を行っています。

f:id:chaus-katoq:20190123095454p:plain f:id:chaus-katoq:20190123095529p:plain f:id:chaus-katoq:20190111234648p:plain

《子ども自然体験、親子キャンプ、CAMP指導者養成、防災教育、SDGs/ESD》 

 

 

WEBサイト

チャウス自然体験学校 – 19年の子どもキャンプの実績と4万人以上の参加者

~活動レポート~日々更新中!

chaus.hateblo.jp